トップ

総入れ歯に代わるインプラント

年齢とともに体のいたるところが老化してきますが、歯もその一つです。歯が抜けてしまい、総入れ歯の方も多いようです。総入れ歯になると、食べ物はおいしくなくなり、国の中に異物があるという違和感に悩まされることになります。また、ずれてくると、話すのもままならなくなります。ところが近年、インプラントという入れ歯に代わる新技術が誕生し話題になっています。この治療は顎の骨に偽根を埋め込み、その上から義歯をかぶせます。入れ歯に比べると、はるかに本物の歯に違いのは魅力です。総入れ歯をしている方も、この技術が発達してからインプラントに変える人も多いようです。

インプラント 神戸でクリニックをお探しの方へ。
治療費が高額で手術があるからとためらっている方は、ぜひ参考に。治療実績豊富ねクリニックなら安心です。

お花のような気分

総入れ歯とは違います

歯を失ってしまった場合の治療としてインプラントが人気です。この治療は歯がなくなった顎の骨にチタンなどの人工歯根を埋め込み、、それが定着したら、歯冠を被せて新しい歯としていくという治療です。周りの歯を傷つけずに治療が行なえるというメリットでも人気となっていますが、インプラントは一本の歯を失った場合でも、複数の歯を失った場合でも、またすべての歯がなくなった人など幅広く対応することができます。総入れ歯の場合も数本埋め込むことでしっかりと固定され、さらに快適に使えるようになります。特に下の歯が総入れ歯の場合は動きやすいので、こうした治療は有効です。

インプラントと年齢の情報

新着情報